sabowelL.png
FC2ブログ
ある日突然、家族になったミースケとのgdgdな日々ノ(´д`*)
昨日いただいたぉコメでww
2006年07月17日 (月) | 編集 |

ふと思い出しましたが…


少し前にミースケ用のグッズを購入しに
ペットショップに行ったら店頭に
o(=ёェё=)o ミャー♪が売られていました。

     
間抜けなお顔ww(´゚ω゚):;*.':;ブッ 

いつもなら▼o・ェ・o▼の方に行く(σ`・Д・´)ゥチ ですが
今の(σ`・Д・´)ゥチ は真っ先に
o(=ёェё=)o ミャー♪のとこへ

誕生日を見るとまだ2ヶ月経ってない
アメショーの赤ちゃんがぁぁぁあ…
。・゚・(つД`)・゚・。

多分、今までの(σ`・Д・´)ゥチ なら
『キャーww可愛い♡』
で、終わっていたと思うんだけれど…。

こんなにちっちゃいのに
かーちゃんから引き離され
売られるために見世物になっている( ̄― ̄°)

可哀想にも、カーペット地の部分に
丸くうずくまって…

その事で胸がキュっとなった。


何だか…
生後4週くらいで人間の都合によって
かーちゃんと引き離された
ミースケ達とオーバーラップしてしまう

一心不乱に有りもしないオッパイを探して
指にむしゃぶりついてくる
3匹の子ネコを見ながら

  

『ごめんね…オッパイなくて…』

と心で思う…。

うちの子(人間)は生後4ヶ月で保育園に預けて
働いてきたんだけれど

昼間預けてるだけでも
お迎えに行ったら足にすがりつき
帰り着いても、抱っこしてと泣くので
すぐには台所には立てなかったです。

そのくらいかーちゃんの存在って
赤ちゃんにとって大きいと思う。
安心感や安定感…そんな目には見えないモノを
オッパイと共にかーちゃんから
いっぱい貰ってるんだと思う。
      

     06-05-25_21-54.jpg

どうしたら、コノ子達に安心感を
与えてあげる事が出来るんだろう??

チュッチュが直らないのは
まだ十分に安心感を与えてあげられてないのかな…?
とも思う。

仕方ないのかな…?
ネコのかーちゃんにはなれないのだから…

リュウですww  


先住o(=ёェё=)o ミャー♪さん達と仲良くしてもらってマ━d(´∀`〇)━ス!!!!
まるで親子みたい((*´ω`*))ニャ
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆
人´∀`).☆.。.:*ありがとぉ やえママさんヾ(笑^▽^笑)ノ
スポンサーサイト



★ ちーちゃんママさんへ!
ラインでつながったのでコメントを送りましたが
既読がつかないので見れていないのかなぁと・・。
何故か教えていただいたアドレスに
メールが送信できずにいます・・・(´ДÅ)


ぽちっとョ□∪くww      ぽちっとョ□∪くww 

♡ランキングに参加していますが マメに更新できないのでポチは不要ですw 
   せっかく作ったバナーなので貼らせてくださーいw うははw      
       

コメント
この記事へのコメント
ベロ出しネンネ可愛い~~~(*´エ`*)
安心しきった寝顔ですね。癒されます~

そうですね、日本のペット業界は変です。
外国ではブリーダー販売がほとんどで、身分証明なんかもいるそうですし、それだけ飼主の責任感が違ってくると思います。野良猫だって少ないしね。
一番可愛い時期に(一番売りやすい時期に)お母さんと離すんですよね。切ないです。
うちのは恵まれた事に、家で生まれた子で3ヶ月まで母親と一緒にいました。
チュパチュパしないんです。こんな子は初めてでした。
きっと思う存分お母さんのおっぱいを吸ったからだと思います。
ミースケくんは今は自分のお母さんのこと覚えていないかもしれないけど、ジジさんがお母さんで可愛がってもらってるもんね。幸せな子ですよ!!
なんか長くなったかな~( ̄▽ ̄;)
2006/07/18(火) 18:53:17 | URL | しっぽ #-[ 編集]
(Θ´Å`)φ...。o○しっぽさんぇ○
レオ君幸せですねww
どの本見ても、3ヶ月は親や兄弟と一緒にって
かいてありますもんねぇ…

日本はぉ金儲け主義のブリーダーが多いのでしょうか…?
ホント切ないです(-公-、)シクシク

チュッチュしなくても大丈夫だったレオ君は
きっと十分に社会性を養って
しっぽさんの元に来たんでしょうね(=^ー゚)ノ
3兄妹めっちゃ可愛かったですww
みんな丸みがある顔立ちでしたけど
アメショーの特徴なんですかぁ??
可愛いですよねぇ♥(。→v←。)♥

うちは何か、とがってます…(;´Д`A ```
2006/07/18(火) 23:11:02 | URL | ジジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック